<前の年> <国会図書館サイトの画像> <IIIF> <次の年> <変体仮名例>
出版地○○ 出版元□□□  
今まて頒ち行れし寛政暦ハ違える事のあるをもて更に改暦の
命あり遂に天保十三年新暦成に及ひ
詔して名を天保壬寅元暦と賜ふ
抑元文五年庚申宝暦五年乙亥の暦にことわる如く一昼夜を云ハ今暁九時を始とし今夜九時を終とす然れとも是まて頒ち行れし暦には毎月節気中気土用日月食の時刻をいふもの皆昼夜を平等して記すか故其時刻時の鐘とまゝ遅速の違あり今改る所ハ四時日夜の長短に随ひ其時を量り記し世俗に違ふ事なからしむ今より後此例に従ふ
天保十五年きのえたつ乃天保壬寅元暦 虛宿
値年
凡三百五十五日
大さいたつの方 此方ニむかひて万よし
但木をきらす
江戸時代の暦復元ワークショップ」用参考資料
― 正確な頒暦を再現するものではありません ―

本資料を印刷するには、まずコントロールキーを押しながら
A C を連続して押して全体をクリップボードに取り込みます。
次にMicrosoft Word などワープロソフトで新規文書を開き、
コントロールキーを押しながら P を押して貼りつけます。
そして、全体を縦書きに設定しなおして印刷を行います。
大しやうくんねの方 たつのとしまて
三年ふさかり
大おんとらの方 此方ニむかひて
さんをせす
  としとくあきの方
とらうの間万よし
むまひつし
金神
さるとり
さいけうたつの方 むかひて
たねまかす
土公 春はかま
秋は井
夏はかと
冬はには
さいはいぬの方 むかひてわたましせす
ふねのりはしめす
正月大 二月大 三月小
さいせつひつしの方 此方より
よめとらす
四月大 五月小 六月大
わうはんたつの方 むかひて
弓はしめよし
七月小 八月大 九月小
へうひいぬの方 むかひて大小へんせす
ちくるいもとめす
十月大 十一月小 十二月大
正月 丙寅 角宿値月虛宿日曜値朔日
一日 つちのえたつ みつ 吉事始 はかため くらひらき ひめはしめ きそはしめ
ゆとのはしめ こしのりそめ万よし
二日 つちのとのみ たいら 馬のりそめ ふねのりそめ 弓はしめ
あきなひはしめ すきそめ万よし
雨水正月中夜五時四分日の出より日入まて 昼四十五刻半
夜五十四刻半
六より六まて 昼五十刻半
夜四十九刻半
三日 かのえむま さたむ 神よし ふく日
四/ かのとのひつし とる 大みやう 月とく いちたちよし
五/ みつのえさる やふる 神よし 大みやう
六/ みつのとのとり あやふ 十し
七/ きのえいぬ なる
八/ きのとのい おさん 母倉 大くわ ちう日
九/ ひのえね ひらく 母倉 月とく 天火 らうしやく
十/ ひのとのうし とつ (神よし) 大みやう きこ ちいみ ものたち 木こり (つめとり)よし
十一/ つちのえとら たつ 天しや よろつよし
十二/ つちのとのう のそく (神よし) 大みやう 天おん みそさけつくり たねまきよし
十三/ かのえたつ みつ きしく 天おん ふく日
十四/ かのとのみ たいら 天おん [母倉] 月とく ちう日 めつもん 地火
十五/ みつのえむま さたん 神よし 大みやう 天おん 木こりよし
十六/ みつのとのひつし とる 天おん たねまきよし
十七/ きのえさる とる 十方くれニ入 (神よし) 大みやう 月とく 入学よし
啓蟄二月せつ暮六時六分入日の出より日入まて 昼四十七刻半余
夜五十二刻余
六より六まて 昼五十二刻半余
夜四十七刻余
十八/ きのとのとり やふる ふく日
十九/ ひのえいぬ あやふ 五む日 あさまきよし
廿/ ひのとのい なる 大みやう 母倉 ちう日
廿一/ つちのえね おさん 母倉 めつもん けんふく たねかしよし
廿二/ つちのとのうし ひらく 月とく 井ほり つめとりよし
廿三/ かのえとら とつ きこ つめとりよし
廿四/ かのとのう たつ ふく日 天火 らうしやく
廿五/ みつのえたつ のそく
廿六/ みつのとのみ みつ 天一天上 十し
廿七/ きのえむま たいら (神よし) 月とく 大くわ 地火
廿八/ きのとのひつし さたん 大みやう 五む日 ちいみ ふく日 ふねのりよし
廿九/ ひのえさる とる ひかんなる 神よし
卅/ ひのとのとり やふる わうまう あさまき たねかしよし
二月 丁卯 亢宿 室 火よう
一/ つちのえいぬ あやふ 社日 かといてよし
二/ つちのとのい なる 神よし 母倉 月とく ちう日 みそすつくりよし
春分二月中夜五時三分日の出より日入まて 昼五十刻
夜五十刻
六より六まて 昼五十五刻
夜四十五刻
三/ かのえね おさん 神よし 母倉 めつもん よめとり たねかしよし
四/ かのとのうし ひらく 五む日 ふく日 ものたち (つめとり)よし
五/ みつのえとら とつ 大みやう きこ やたて くらたて (つめとり)よし
六/ みつのとのう たつ 天火 らうしやく
七/ きのえたつ のそく
八/ きのとのみ みつ 十し
九/ ひのえむま たいら 神よし 大みやう 大くわ 地火
十/ ひのとのひつし さたん 神よし ちいみ
十一/ つちのえさる とる 神よし きしく たねまきよし
十二/ つちのとのとり やふる 大みやう 天おん 月とく
十三/ かのえいぬ あやふ 大みやう 天おん けんふくよし
十四/ かのとのい なる 神よし 大みやう 天おん 母倉 ちう日 ふく日
十五/ みつのえね おさん 八せんのはしめ 神よし 天おん 母倉 めつもん あさまきよし
十六/ みつのとのうし ひらく ま日 天おん (つめとり)よし
十七/ きのえとら とつ 月とく きこ やたて つめとりよし
十八/ きのとのう とつ (神よし) ものたちよし
清明三月せつ今暁九時九分入日の出より日入まて 昼五十二刻余
夜四十七刻半余
六より六まて 昼五十七刻半
夜四十二刻半
十九/ ひのえたつ たつ ま日 大みやう わたましよし
廿/ ひのとのみ のそく さい下しき (母倉) 月とく ちう日 いちたちよし
廿一/ つちのえむま みつ ま日 (神よし) (母倉) ふく日 天火 らうしやく ふねのりよし
廿二/ つちのとのひつし たいら 神よし 大みやう ふく日 めつもん 地火
廿三/ かのえさる さたん 大みやう くゑ日
廿四/ かのとのとり とる (神よし) 大みやう 井ほりよし
廿五/ みつのえいぬ やふる ま日 月とく
廿六/ みつのとのい あやふ 八せんのおはり
廿七/ きのえね なる くゑ日 きこ
廿八/ きのとのうし おさん 十し
廿九/ ひのえとら ひらく くゑ日 ちいみ
卅/ ひのとのう とつ とよう明六時三分 くゑ日 たねまきよし
三月 戊辰 氐宿 奎 木よう
一/ つちのえたつ たつ 五む日 くゑ日 ふく日
二/ つちのとのみ のそく (神よし) 母倉 ちう日 ふく日 かといてよし
三/ かのえむま みつ (神よし) 母倉 天火 らうしやく みそすつくりよし
穀雨三月中朝五時八分日の出より日入まて 昼五十四刻半
夜四十五刻半
六より六まて 昼五十九刻半余
夜四十刻余
四/ かのとのひつし たいら 大みやう めつもん 地火
五/ みつのえさる さたん 大みやう くゑ日
六/ みつのとのとり とる (神よし) 大みやう
七/ きのえいぬ やふる くさかりよし
八/ きのとのい あやふ
九/ ひのえね なる きしく きこ
十/ ひのとのうし おさん 十し
十一/ つちのえとら ひらく 天しや よろつよし
十二/ つちのとのう とつ (神よし) 大みやう 天おん ふく日
十三/ かのえたつ たつ くゑ日
十四/ かのとのみ のそく 天おん 母倉 ちう日
十五/ みつのえむま みつ 八十八や (神よし) 大みやう 天おん (母倉) 月とく 天火 らうしやく
十六/ みつのとのひつし たいら 天おん めつもん 地火
十七/ きのえさる さたん 十方くれニ入 大みやう くゑ日
十八/ きのとのとり さたん 十し
立夏四月せつ暮六時四分入日の出より日入まて 昼五十六刻半
夜四十三刻半
六より六まて 昼六十二刻
夜三十八刻
十九/ ひのえいぬ とる 五む日 ふく日 くさかりよし
廿/ ひのとのい やふる 大みやう ちう日
廿一/ つちのえね あやふ けんふくよし
廿二/ つちのとのうし なる きこ (つめとり)よし
廿三/ かのえとら おさん 母倉 月とく めつもん さひらき つめとりよし
廿四/ かのとのう ひらく (神よし) 母倉 やたて ものたちよし
廿五/ みつのえたつ とつ 大みやう 五む日 ふく日 わうまう
廿六/ みつのとのみ たつ 天一天上
廿七/ きのえむま のそく 天しや よろつよし
廿八/ きのとのひつし みつ 大みやう 五む日 くゑ日
廿九/ ひのえさる たいら (神よし) ちいみ 大くわ ふく日 地火 入学よし
四月 己巳 房宿 婁 金よう
一/ ひのとのとり さたん 十し
二/ つちのえいぬ とる くらたて かまぬりよし
三/ つちのとのい やふる くゑ日 ちう日
四/ かのえね あやふ (神よし) 月とく わたまし たねまきよし
五/ かのとのうし なる 五む日 きこ (つめとり)よし
小満四月中朝五時九分日の出より日入まて 昼五十八刻余
夜四十一刻半余
六より六まて 昼六十四刻
夜三十六刻
六/ みつのえとら おさん 大みやう 母倉 ふく日 めつもん つめとりよし
七/ みつのとのう ひらく 神よし 母倉 かといて さひらきよし
八/ きのえたつ とつ きしく 大みやう
九/ きのとのみ たつ
十/ ひのえむま のそく 大みやう くゑ日 ふく日
十一/ ひのとのひつし みつ くゑ日
十二/ つちのえさる たいら (神よし) ちいみ 大くわ 地火
十三/ つちのとのとり さたん 十し
十四/ かのえいぬ とる 大みやう 天おん 月とく やたて くさかりよし
十五/ かのとのい やふる 神よし 大みやう 天おん ちう日 さひらきよし
十六/ みつのえね あやふ 八せんのはしめ (神よし) 天おん ふく日 くらたてよし
十七/ みつのとのうし なる ま日 天おん きこ (つめとり)よし
十八/ きのえとら おさん 母倉 めつもん つめとりよし
十九/ きのとのう ひらく 神よし 母倉 月とく さひらきよし
廿/ ひのえたつ とつ ま日 大みやう ふく日
廿一/ ひのとのみ とつ 十し
芒種五月せつ今暁九時七分入日の出より日入まて 昼五十九刻半
夜四十刻半
六より六まて 昼六十五刻余
夜三十四刻半余
廿二/ つちのえむま たつ ま日 くゑ日 下しきうの時
廿三/ つちのとのひつし のそく (神よし) 大みやう みそすつくり 田うへよし
廿四/ かのえさる みつ (神よし) 大みやう 入学 むきかりよし
廿五/ かのとのとり たいら 神よし 大みやう 月とく めつもん 地火
廿六/ みつのえいぬ さたん 入梅
ま日
むきかりよし
廿七/ みつのとのい とる 八せんのおはり ちう日 ふく日
廿八/ きのえね やふる
廿九/ きのとのうし あやふ 神よし 天おん つめとりよし
卅/ ひのえとら なる 天おん 母倉 月とく きこ つめとりよし
五月 庚午 心宿 昴 日よう
一/ ひのとのう おさん 天おん 母倉 ちいみ 大くわ ふく日
二/ つちのえたつ ひらく 天おん 五む日 かまぬり 田うへよし
三/ つちのとのみ とつ 十し
四/ かのえむま たつ 下しきうの時 むきかりよし
五/ かのとのひつし のそく 大みやう 月とく ふねのり 井ほりよし
六/ みつのえさる みつ きしく 大みやう わうまう くさかりよし
夏至五月中夕七時三分日の出より日入まて 昼五十九刻半余
夜四十刻余
六より六まて 昼六十五刻半余
夜三十四刻余
七/ みつのとのとり たいら 神よし 大みやう ふく日 めつもん 地火
八/ きのえいぬ さたん わたまし くらたてよし
九/ きのとのい とる ちう日 むきかり 田うへよし
十/ ひのえね やふる
十一/ ひのとのうし あやふ 神よし 大みやう ふく日 ものたち つめとりよし
十二/ つちのえとら なる 母倉 きこ みそすつくり (つめとり)よし
十三/ つちのとのう おさん 大みやう 天おん 母倉 ちいみ 大くわ
十四/ かのえたつ ひらく 天おん けんふく かといてよし
十五/ かのとのみ とつ 十し
十六/ みつのえむま たつ 大みやう 天おん 下しきうの時
十七/ みつのとのひつし のそく はんけしやう 天おん ふく日 田うへよし
十八/ きのえさる みつ 十方くれニ入 (神よし) 大みやう
十九/ きのとのとり たいら (神よし) めつもん 地火
廿/ ひのえいぬ さたん 月とく 五む日 むきかりよし
廿一/ ひのとのい とる 大みやう ちう日 ふく日
廿二/ つちのえね とる きこ ふく日 下しきたつの時
小暑六月せつ朝四時八分入日の出より日入まて 昼五十九刻半
夜四十刻半
六より六まて 昼六十五刻余
夜三十四刻半余
廿三/ つちのとのうし やふる 十し
廿四/ かのえとら あやふ [母倉] やたて つめとりよし
廿五/ かのとのう なる 神よし [母倉] 天火 らうしやく
廿六/ みつのえたつ おさん 大みやう 五む日 めつもん
廿七/ みつのとのみ ひらく 天一天上 (母倉) ちう日 いちたちよし
廿八/ きのえむま とつ
廿九/ きのとのひつし たつ 大みやう 五む日
六月 辛未 尾宿 畢 月よう
一/ ひのえさる のそく (神よし)
二/ ひのとのとり みつ (神よし) ちいみ くさかりよし
三/ つちのえいぬ たいら 大くわ ふく日 地火
四/ つちのとのい さたん 月とく ちう日 ふく日 ふねのりよし
五/ かのえね とる 初伏
とよう昼八時四分
きしく きこ 下しきたつの時
六/ かのとのうし やふる 十し
七/ みつのえとら あやふ 大みやう けんふく つめとりよし
八/ みつのとのう なる 神よし 天火 らうしやく
九/ きのえたつ おさん 大みやう 月とく めつもん わたましよし
大暑六月中明六時二分日の出より日入まて 昼五十八刻余
夜四十一刻半余
六より六まて 昼六十四刻
夜三十六刻
十/ きのとのみ ひらく 大みやう 母倉 ちう日
十一/ ひのえむま とつ
十二/ ひのとのひつし たつ くゑ日
十三/ つちのえさる のそく (神よし) ふく日 たねまきよし
十四/ つちのとのとり みつ (神よし) 大みやう 天おん 月とく ちいみ ふく日
十五/ かのえいぬ たいら 中伏 大みやう 天おん 大くわ 地火
十六/ かのとのい さたん 大みやう 天おん ちう日 わうまう
十七/ みつのえね とる 八せんのはしめ 天おん きこ 下しきたつの時
十八/ みつのとのうし やふる ま日 十し
十九/ きのえとら あやふ [母倉] 月とく やたて つめとりよし
廿/ きのとのう なる 神よし [母倉] 天火 らうしやく
廿一/ ひのえたつ おさん ま日 大みやう めつもん けんふくよし
廿二/ ひのとのみ ひらく さい下しき くゑ日 ちう日
廿三/ つちのえむま とつ ま日
廿四/ つちのとのひつし とつ (神よし) 大みやう 母倉 みそすつくりよし
立秋七月せつ夜五時一分入日の出より日入まて 昼五十六刻半
夜四十三刻半
六より六まて 昼六十二刻
夜三十八刻
廿五/ かのえさる たつ 末伏 大みやう くゑ日 ふく日 下しきみの時
廿六/ かのとのとり のそく 十し
廿七/ みつのえいぬ みつ ま日 母倉 月とく
廿八/ みつのとのい たいら 八せんのおはり ちう日 めつもん 地火
廿九/ きのえね さたん 天おん ふく日 ふねのりよし
卅/ きのとのうし とる
七月 壬申 箕宿 參 水よう
一/ ひのえとら やふる 天おん けんふく つめとりよし
二/ ひのとのう あやふ 天おん 月とく わうまう わたましよし
三/ つちのえたつ なる きしく 天おん 母倉 五む日 ちいみ いちたちよし
四/ つちのとのみ おさん 神よし 大くわ ちう日
五/ かのえむま ひらく (神よし) ふく日 天火 らうしやく
六/ かのとのひつし とつ 大みやう 母倉 ものたちよし
七/ みつのえさる たつ 神よし 大みやう 月とく 下しきみの時
八/ みつのとのとり のそく 十し
九/ きのえいぬ みつ 母倉 ふく日 くらたてよし
十/ きのとのい たいら ちう日 めつもん 地火
処暑七月中朝四時八分日の出より日入まて 昼五十四刻半
夜四十五刻半
六より六まて 昼五十九刻半余
夜四十刻余
十一/ ひのえね さたん 田かりよし
十二/ ひのとのうし とる
十三/ つちのえとら やふる たねまき (つめとり)よし
十四/ つちのとのう あやふ (神よし) 大みやう 天おん みそすつくりよし
十五/ かのえたつ なる 天おん 母倉 ちいみ ふく日 かといてよし
十六/ かのとのみ おさん 天おん 大くわ ちう日
十七/ みつのえむま ひらく (神よし) 大みやう 天おん 月とく 天火 らうしやく
十八/ みつのとのひつし とつ 天おん 母倉
十九/ きのえさる たつ 二百十日
十方くれニ入
(神よし) 大みやう ふく日 下しきみの時
廿/ きのとのとり のそく 十し
廿一/ ひのえいぬ みつ 母倉 五む日
廿二/ ひのとのい たいら 大みやう 月とく ちう日 めつもん 地火
廿三/ つちのえね さたん けんふく くさかりよし
廿四/ つちのとのうし とる
廿五/ かのえとら とる 月とく きこ つめとりよし
白露八月せつ夜四時六分入日の出より日入まて 昼五十二刻余
夜四十七刻半余
六より六まて 昼五十七刻半
夜四十二刻半
廿六/ かのとのう やふる ふく日 田かりよし
廿七/ みつのえたつ あやふ 大みやう 母倉 五む日
廿八/ みつのとのみ なる 天一天上 十し
廿九/ きのえむま おさん 二百廿日 めつもん
八月 癸酉 斗宿 井 木よう
一/ きのとのひつし ひらく
二/ ひのえさる とつ 神よし きしく
三/ ひのとのとり たつ 天火 らうしやく 下しきむまの時
四/ つちのえいぬ のそく 母倉 ちいみ ふねのり 田かりよし
五/ つちのとのい みつ (神よし) ちう日 いちたちよし
六/ かのえね たいら (神よし) 月とく 大くわ 地火
七/ かのとのうし さたん 神よし 母倉 五む日 ふく日 ものたち (つめとり)よし
八/ みつのえとら とる 大みやう きこ やたて つめとりよし
九/ みつのとのう やふる ひかんなる くらたて 田かりよし
十/ きのえたつ あやふ 大みやう 母倉 けんふく わたましよし
十一/ きのとのみ なる 十し
十二/ ひのえむま おさん 大みやう めつもん
秋分八月中朝五時三分日の出より日入まて 昼五十刻
夜五十刻
六より六まて 昼五十五刻
夜四十五刻
十三/ ひのとのひつし ひらく
十四/ つちのえさる とつ 社日 天しや よろつよし
十五/ つちのとのとり たつ 大みやう くゑ日 天火 らうしやく 下しきむまの時
十六/ かのえいぬ のそく 大みやう 天おん 母倉 月とく ちいみ
十七/ かのとのい みつ (神よし) 大みやう 天おん ちう日 ふく日
十八/ みつのえね たいら 八せんのはしめ (神よし) 天おん 大くわ 地火
十九/ みつのとのうし さたん ま日 (神よし) 天おん 母倉 たねまき 竹木こり (つめとり)よし
廿/ きのえとら とる きこ かまぬり 田かり (つめとり)よし
廿一/ きのとのう やふる くゑ日 ふく日
廿二/ ひのえたつ あやふ ま日 大みやう 母倉
廿三/ ひのとのみ なる 十し
廿四/ つちのえむま おさん ま日 めつもん
廿五/ つちのとのひつし ひらく
廿六/ かのえさる とつ 神よし 大みやう 月とく 入学よし
廿七/ かのとのとり とつ 神よし 大みやう 月とく いちたちよし
寒露九月せつ昼九時九分入日の出より日入まて 昼四十七刻半余
夜五十二刻余
六より六まて 昼五十二刻半余
夜四十七刻余
廿八/ みつのえいぬ たつ ま日 [母倉] 田かりよし
廿九/ みつのとのい のそく 八せんのおはり ちう日 むきまきよし
卅/ きのえね みつ きしく 天おん きこ 天火 らうしやく
九月 甲戌 牛宿 柳 土よう
一/ きのとのうし たいら 十し
二/ ひのえとら さたん
三/ ひのとのう とる 神よし 天おん 田かりよし
四/ つちのえたつ やふる 天おん 五む日 ふく日
五/ つちのとのみ あやふ (神よし) 母倉 ちいみ ちう日 ふく日 下しきひつしの時
六/ かのえむま なる (神よし) 母倉 みそすつくりよし
七/ かのとのひつし おさん 大みやう 月とく 大くわ たねまき 田かりよし
八/ みつのえさる ひらく 大みやう むきまきよし
九/ みつのとのとり とつ とよう暮六時一分 神よし 大みやう
十/ きのえいぬ たつ くゑ日
十一/ きのとのい のそく ちう日 田かりよし
十二/ ひのえね みつ 月とく きこ 天火 らうしやく
霜降九月中夕七時三分日の出より日入まて 昼四十五刻半
夜五十四刻半
六より六まて 昼五十刻半
夜四十九刻半
十三/ ひのとのうし たいら 十し
十四/ つちのえとら さたん
十五/ つちのとのう とる (神よし) 大みやう 天おん ふく日 竹木こりよし
十六/ かのえたつ やふる 天おん
十七/ かのとのみ あやふ 天おん 母倉 月とく ちいみ ちう日 下しきひつしの時
十八/ みつのえむま なる 神よし 大みやう 天おん 母倉 けんふくよし
十九/ みつのとのひつし おさん 天おん 大くわ むきまき 田かりよし
廿/ きのえさる ひらく 十方くれニ入 大みやう
廿一/ きのとのとり とつ 神よし 田かりよし
廿二/ ひのえいぬ たつ [母倉] 月とく 五む日 竹木こりよし
廿三/ ひのとのい のそく 大みやう ちう日 わうまう
廿四/ つちのえね みつ きこ ふく日 天火 らうしやく
廿五/ つちのとのうし たいら 十し
廿六/ かのえとら さたん
廿七/ かのとのう さたん 神よし 天火 らうしやく ものたちよし
立冬十月せつ夕七時二分入日の出より日入まて 昼四十三刻半
夜五十六刻半
六より六まて 昼四十八刻半余
夜五十一刻余
廿八/ みつのえたつ とる きしく 大みやう 五む日 ふく日
廿九/ みつのとのみ やふる 天一天上 ちう日
十月 乙亥 女宿 星 日よう
一/ きのえむま あやふ 神よし 月とく かまぬり むきまきよし
二/ きのとのひつし なる 大みやう 五む日 みそさけつくり 木こりよし
三/ ひのえさる おさん
四/ ひのとのとり ひらく 十し
五/ つちのえいぬ とつ くゑ日
六/ つちのとのい たつ くゑ日 ちいみ ちう日 下しきさるの時
七/ かのえね のそく わうまう くらたて 井ほりよし
八/ かのとのうし みつ 五む日 くゑ日 きこ
九/ みつのえとら たいら 大みやう 大くわ ふく日 地火 つめとりよし
十/ みつのとのう さたん 神よし 天火 らうしやく
十一/ きのえたつ とる 大みやう 月とく やたて かとたてよし
十二/ きのとのみ やふる (神よし) 大みやう ちう日
十三/ ひのえむま あやふ 神よし 大みやう ふく日
小雪十月中昼九時六分日の出より日入まて 昼四十一刻半余
夜五十八刻余
六より六まて 昼四十七刻
夜五十三刻
十四/ ひのとのひつし なる 木こりよし
十五/ つちのえさる おさん
十六/ つちのとのとり ひらく 十し
月帯そく 京都にてハ見へす西国にてハ明六時ニ分上と左の間
よりかけはしめ六時三分ニ分はかりかけなから入
十七/ かのえいぬ とつ 大みやう 天おん たねまきよし
十八/ かのとのい たつ 大みやう 天おん ちいみ ちう日 下しきさるの時
十九/ みつのえね のそく 八せんのはしめ くゑ日 ふく日
廿/ みつのとのうし みつ ま日 くゑ日 きこ
廿一/ きのえとら たいら 月とく 大くわ 地火 ふねのり つめとりよし
廿二/ きのとのう さたん 神よし 天火 らうしやく けんふく ものたちよし
廿三/ ひのえたつ とる ま日 大みやう ふく日 かといてよし
廿四/ ひのとのみ やふる さい下しき くゑ日 ちう日
廿五/ つちのえむま あやふ ま日 神よし むきまきよし
廿六/ つちのとのひつし なる 大みやう 月とく かまぬり いちたちよし
廿七/ かのえさる おさん
廿八/ かのとのとり おさん 神よし 大みやう 母倉 大くわ 井ほりよし
大雪十一月せつ明六時九分入日の出より日入まて 昼四十刻半
夜五十九刻半
六より六まて 昼四十六刻
夜五十四刻
廿九/ みつのえいぬ ひらく ま日 月とく
卅/ みつのとのい とつ 八せんのおはり ちう日 ふく日
十一月 丙子 虛宿 翼 火よう
一/ きのえね たつ 天しや よろつよし
二/ きのとのうし のそく (神よし) 天おん やたて つめとりよし
三/ ひのえとら みつ 天おん きこ つめとりよし
四/ ひのとのう たいら
五/ つちのえたつ さたん 天おん 五む日
六/ つちのとのみ とる 十し
七/ かのえむま やふる ちいみ 天火 らうしやく
八/ かのとのひつし あやふ 大みやう かとたてよし
九/ みつのえさる なる 大みやう 母倉 月とく いちたちよし
十/ みつのとのとり おさん 神よし 大みやう 母倉 大くわ ふく日
十一/ きのえいぬ ひらく
十二/ きのとのい とつ ちう日
十三/ ひのえね たつ 木こりよし
冬至十一月中今暁九時八分日の出より日入まて 昼四十刻余
夜五十九刻半余
六より六まて 昼四十五刻半余
夜五十四刻余
十四/ ひのとのうし のそく (神よし) 大みやう 月とく ふく日 ものたち つめとりよし
十五/ つちのえとら みつ きこ みそさけつくり つめとりよし
十六/ つちのとのう たいら
十七/ かのえたつ さたん 天おん わうまう たねまきよし
十八/ かのとのみ とる 十し
十九/ みつのえむま やふる 大みやう 天おん 月とく ちいみ 天火 らうしやく
廿/ みつのとのひつし あやふ 天おん ふく日
廿一/ きのえさる なる 十方くれニ入 大みやう 母倉
廿二/ きのとのとり おさん (神よし) 母倉 大くわ ものたちよし
廿三/ ひのえいぬ ひらく 五む日
廿四/ ひのとのい とつ 大みやう 月とく ちう日 ふく日
廿五/ つちのえね たつ きしく くゑ日
廿六/ つちのとのうし のそく つめとりよし
廿七/ かのえとら のそく 月とく 井ほり つめとりよし
小寒十二月せつ暮六時六分入日の出より日入まて 昼四十刻半
夜五十九刻半
六より六まて 昼四十六刻
夜五十四刻
廿八/ かのとのう みつ 神よし よめとりよし
廿九/ みつのえたつ たいら 大みやう 五む日 大くわ 地火
十二月 丁丑 危宿 軫 水よう
一/ みつのとのみ さたん 天一天上 (母倉) ちう日
二/ きのえむま とる 神よし (母倉) けんふく ふねのりよし
三/ きのとのひつし やふる 大みやう 月とく 五む日
四/ ひのえさる あやふ 神よし [母倉] 木こりよし
五/ ひのとのとり なる
六/ つちのえいぬ おさん ふく日 めつもん
七/ つちのとのい ひらく ちう日 ふく日
八/ かのえね とつ 神よし 月とく きこ ちいみ
九/ かのとのうし たつ 十し
十/ みつのえとら のそく とよう夜四時五分 大みやう けんふく つめとりよし
十一/ みつのとのう みつ 神よし わたまし すゝはらひよし
十二/ きのえたつ たいら 大みやう 大くわ 地火
十三/ きのとのみ さたん 大みやう 母倉 月とく ちう日 いちたちよし
大寒十二月中昼九時一分日の出より日入まて 昼四十一刻半余
夜五十八刻余
六より六まて 昼四十七刻
夜五十三刻
十四/ ひのえむま とる 神よし 大みやう 母倉 かといてよし
十五/ ひのとのひつし やふる くゑ日
十六/ つちのえさる あやふ 神よし ふく日 (みそさけつくり)よし
十七/ つちのとのとり なる
十八/ かのえいぬ おさん 大みやう 天おん 月とく めつもん たねまきよし
十九/ かのとのい ひらく 大みやう 天おん ちう日 正月ことはしめよし
廿/ みつのえね とつ 八せんのはしめ くゑ日 きこ ちいみ
廿一/ みつのとのうし たつ ま日 十し
廿二/ きのえとら のそく 木こり (つめとり)よし
廿三/ きのとのう みつ 神よし 月とく ものたち 正月ことはしめよし
廿四/ ひのえたつ たいら ま日 きしく 大みやう 大くわ 地火
廿五/ ひのとのみ さたん さい下しき (母倉) ちう日
廿六/ つちのえむま とる ま日 神よし (母倉) ふく日 ふねのりよし
廿七/ つちのとのひつし やふる せつふん 大みやう ふく日 わうまう かといてよし
廿八/ かのえさる やふる 神よし 大みやう ふく日
立春正月せつ明六時二分入日の出より日入まて 昼四十三刻半
夜五十六刻半
六より六まて 昼四十八刻半余
夜五十一刻余
廿九/ かのとのとり あやふ 十し
卅/ みつのえいぬ なる ま日
天保十四年出 立表測景定節氣者